プロ野球選手を血液型で分析 Part5 〜武田翔太編〜

プロ野球選手の血液型分析、第5弾は武田翔太選手です。

前回は球界屈指のスラッガー、柳田悠岐選手を分析しました。

プロフィール

武田翔太(たけだ しょうた) 血液型:B型

好奇心が強い

B型男子は、好奇心が強く、いろんなことに興味を持つ性格です。

流行や最先端の話題に敏感で、すぐにそうしたものを取り入れようとしたがります。

この点は人に対しても同様で、興味をそそられた人には性別や年齢を気にせず積極的にアプローチすることができます。

その反面、飽きっぽく冷めやすいという部分もあり、すぐに興味が別のものに移ってしまうという特徴もあります。

武田選手の場合

武田選手は、もちろんソフトバンクホークスのピッチャーであります。

しかし、プロ野球選手としてだけでなく、様々な分野に興味を持って勉強しています。

例えば、部屋だけ見るとギタリストと思われるくらいのギター好きです。

栄養学についても勉強していたり、本人も言っていた通り宅建の資格も取ったりしたそうです。

結局、たくさんの分野を知ると野球につながることも多いみたいです。

そのことの象徴として武田選手は他の選手と違った練習方法を試していることからわかります。

好きなことを極める

B型男子はどちらかというと天才肌の人が多く、得意分野をとことんまで突き詰めて習得する力に恵まれています。

他人とは違う独特の感性があるので、突出した才能や能力を発揮することが多く、またそれをさらに発展させる情熱も持ち合わせています。

好きなことに対しては、どんな努力や献身も惜しまないという性格なので、B型男子はある分野のエキスパートとなることも多いです。

武田選手の場合

武田選手は、1年目は野球が大好きであったが、2年目から野球が楽しくなくなった、とインタビューで答えていました。

今まで自然にできていたことが自然にできなくなったからだと野球が楽しくなくなった理由について述べています。

しかし今は、完全に楽しくなってきたみたいです。

チャレンジ精神がある

B型男子は好奇心にあふれていて、知らないことに興味をそそられるという性格から、未知の分野へ進んで挑むチャレンジ精神を持っています。

利益や見返りが目的ではなく、ただ面白そうということでやってみるという特徴があります。

その際、後先を考えないことから、手痛い失敗を経験することも少なくないが、持ち前の勢いで周囲も驚く成果を上げることも多いです。

武田選手

2018年シーズンで結果を残すことができなかったが、逆にそれで今のままではいけないという感情が湧いたそうです。

武田選手は、なかなか自分の中で納得のいく投球フォームにならず、ずっと模索していたがそれでも諦めることなく、遠回りをたくさんしたかもしれないが納得のいくまでフォームを突き詰めて考えていました。

チャレンジ精神がないとフォームをどんどん変えることはしないと思います。

プロ野球選手は結果を残せないとクビになるという厳しい世界です。なので、チャレンジし続けられる武田選手のような選手が長い野球人生を送ることができるだろうと思います。

まとめ

武田選手は、日本代表にも選ばれる素晴らしい選手です。

ほかの選手にはない独特の考え方や練習方法が特徴と言えるので今後も武田選手のインタビューなどは見逃せませんね。

先発だけでなく中継ぎとしても活躍できる選手であるので、どういう形であっても、ホークスを代表する選手の一人なので活躍に期待したいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。