Google Driveにファイルがいくつあるか確認する方法!

非常に多くの人が利用しているクラウドサービス「Google Drive」。

無料で15GBも使えてかつ便利なのですが、筆者が使っていてわかった欠点が一つだけありました。

それはフォルダ内のファイル数が確認できないということです。

大量のファイルを扱うとき、Google Drive上のファイル数とダウンロードした時のファイル数が同じかどうか確認する必要がありました。

しかし、Google Driveはファイル数を表示してくれません。

いちいち数えるのはめんどくさい!と思い、調べたところスクリプトを自ら作成して計算させるというものがありました。

しかしこれもめんどくさい。プログラミングに疎い人はなんのこっちゃって話ですよね。

なので自分がファイル数を数えるときに使う方法を書こうと思います。

俺的、ファイル数を数える方法

あらかじめ断っておきます。

この方法は根本的な解決には全くなりません。応急処置的なものです。

手順はこちら↓

  1. ブラウザでファイル数を調べたいフォルダを開きます。
  2. 右上のボタンで「リスト表示」に切り替えます。
  3. cntrl+F (Macはcmd+F) でページ内検索窓を開きます。
  4. 適当な西暦を入力しEnterで検索します。(今回は「2019」)
  5. すると検索窓の右端にページ内に「2019」がいくつあったかが表示されます。この数字をメモしておきましょう。
  6. 4→5の手順を2018、2017…と一番古いファイルの西暦まで繰り返します。
  7. 最後にメモした数字を全て足すことでファイル数が分かりました!

注意!

一番下までスクロールしてから検索してください。
全て読み込まれてない時点で検索したら正確にファイル数を調べることができません。
筆者の場合、スクロールしないと50個しか調べられませんでした。

全く画期的な方法ではありませんが、個人的には一番早くファイル数を調べることができると思います。

今回はGoogle Driveと相性がいいであろうChromeを使いましたが、ページ内検索が正しくできて検索結果が表示されるブラウザであればこの方法が使えますね。

ただファイル名に「2019」などの数字が含まれていると、それもカウントされてしまいます。

なのでその時は「2019/」「2019/0」と少し文字列を変えてみたり、ファイルサイズの「KB」「MB」「GB」で検索してみるといいでしょう。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。