嵐が2020年で活動休止を電撃発表!メンバーのコメントまとめ。

メンバー5人がそれぞれのコメントを発表しました。

こちらは2019年1月27日に放送された『FNNプライムニュース イブニング』から引用します。

2017年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、想いを話しました。

その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと。

その後、メンバー一人一人と何度も話しました。

5人で何度も何度も話し合った結果、2020年を持って嵐を休止させていただく結論に至りました。

言葉では表すことができないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

2020年いっぱいまでの残りの期間、今できる自分の氏名をきっちり果たしていきたいと思っています。

嵐・大野 智

2018年6月頃。

20年以上共に歩んできた大切な大切なメンバーそれぞれの想いを、それぞれ少しずつ異なるたくさんの想いを、何とか一つの結論へと着地させることとなりました。

嵐が嵐のまま走り抜けたい。嵐を宝箱に閉じ込めたい。

今はそんな想いでおります。

数え切れないほどたくさんの夢を見させてもらいました。

数え切れないほどたくさんの景色を見られるところまで連れてきてもらいました。

ありがとう。

嵐・櫻井 翔

5人で嵐だという気持ちが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました。

嵐のことが大好きです。

嵐のためならなんだってできます。

気持ちの整理をつけるには時間がかかりましたが、今は納得しています!

決して仲が悪くなったわけではありません。

20年目に入り、一人一人との信頼関係や絆はさらに強くなっています。

本当に4人に出会えたことに感謝です。

嵐・相葉 雅紀

これからも5人で頑張っていきます。

関係者各位の皆様方、まだまだお世話になります!

そして、ファンのみんな。

僕らはいつまでも嵐です。

嵐・二宮 和也

このタイミングで発表させていただいたのは、応援してくれているファンの皆さん、一緒に仕事をさせていただいている関係者の皆さんに僕たちの決断を理解してもらうには時間がかかることだと思い、この時期に発表させていただきました。

また、キチンとお話しした上で、自分たちも前を向いて日々を過ごしていきたいという思いからです。

これから20周年の今年も含めて、今まで応援してくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えていく、そんな時間になったらと思っています。

5人で団結して最後まで走るので、ついて来ていただけたら嬉しいです。

嵐・松本 潤

以上が5人の各コメントです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。