【2018年】東京ドーム指定席Dご招待引換券で確実に座る方法!場所取りは何時から? | 巨人

引換券

東京ドーム指定席Dご招待引換券

読売新聞やチケットショップなどで入手できる指定席D(内野2階席)ご招待引換券(以下、招待券)。最近はヤフオクやメルカリから簡単に入手することも可能です(営利目的の転売はアウト)。

この招待券は無料で野球を観戦できる便利で画期的なチケットなのですが、あくまで引換券ですので、この招待券だけでは入場することができません。

なのでまず招待券を東京ドームの引換所で指定席D席のチケットに引き換える必要があります。しかし全員が全員チケットに引き換えるものではありません。

引き換えできる枚数は決まってて先着順で引き換えとなります。

このチケットは結構人気があり、試合前には引換所の目にとてつもなく長い行列ができることもあります。並ぶタイミングによっては満席になり引き換え出来ないなんてことも十分にありえます。

万が一、満席になった場合でも立ち見席のチケットと引き換えすることができますが、どうせなら座って観戦したいですよね。

そこで何時までに並べば「指定席D席」に引き換えできるのかを実体験を元に考察してみました。

引き換え方法

指定席D(内野2階席)ご招待引換券の引換えの場所は、東京ドーム総合案内所隣のチケット前売所です。

広場にある小さな建物で初めて行く方でもわかりやすいと思います。

窓口で引き換えることになるのですが、細かい座席の指定はできません。一塁側か三塁側どちらかの希望を伝えチケットを受け取ります。先着順なので先頭から順に良い席と引き換えられます。

ちなみに観戦日によって指定席Bや指定席Cなど他の指定席の売れ残りがあれば、これらのチケットと引き換えることができます。この場合も一塁側か三塁側どちらかの希望を伝えるだけで、どの指定席になるかは受け取ってからでないと分かりません。受け取り後の変更はできませんのでご注意ください。

また一度に引き換えられる枚数は一人につき4枚までです。それ以上引き換えたい場合は二人以上で並ぶようにしてください。

引き換えは試合当日にこの場所だけ

招待券は試合当日にしか引き換えることはできません。また他の場所で引き換えることも出来ません。


確実に座るには何時までに引き換えればいい?

引き換え時間

引き換えは試合開始時間の4時間前からです。

引き換え開始時間
  • ナイターゲーム(18時開始):当日14時〜
  • デイゲーム(14時開始):当日10時〜

何時までに並べば確実に引き換えられるのか

休日・夏休みなど時期やペナント状況によって人出も変わるため何時までに並べば確実に引き換え可能かは一概に言えません。

引き換え開始時刻にはすでに多くの人が並んでいますが、ほとんどの試合は引き換え開始時刻から並んでも指定席Dと引き換え可能でしょう。

というのも、より多くの人が並ぶ阪神戦ナイター(18時開始)で14:00に並らび始めたときも引き換えできたので… 

ただ開場(16:00)前には引き換えが終了していました。筆者の座席が後方だったので引き換え終了ギリギリだったのかもしれません。

休日や優勝間近などいつも以上の人出が予想される場合は、より早く並び始めないと引き換えできない可能性があると考えた方がいいですね。

また毎回、1塁側チケットの方が先に引き換えを終了してる印象があります。

並んでいる人もジャイアンツファンが多いので1塁側にこだわるのなら、余計に早く並ぶことをオススメします。

あくまで筆者の経験談として参考にしてください。

では確実に指定席D(特に一塁側)に座るためにはどうすればいいのか?

早めに行って並ぶのもいいですが、場所取りをするのが確実でしょう。

場所取りが出来る!

ここからは場所取りの時間とその方法について説明します。

場所取りの時間と方法

当日の午前4時半から場所取りをすることができます。それまでは東京ドームの敷地内に入れないので外で待ちます。

立ち入りを制限するロープが張られていて、4時半になるとロープを警備員が外して中に入れるようになります。なので時間は多少前後することがあります。

場所取りの仕方は、チケット前売所の前に引き換えの列を作るので、その列の地面に日付と名前、引き換え枚数を書いた新聞紙やレジャーシートなどを地面に貼れば場所取り完了です。

自分の場所が分かればいいので名前は書かなくてもいいとは思いますが、多くの人は名前を書いていました。ニックネーム・イニシャルを書いている人もいたので特に正確である必要はないでしょう。

注意!

場所取りの際に警備員の方が招待券の枚数を確認するので、持っていくのをお忘れなく!

場所取りをした後は…

場所取りをしたあとは自由時間ですが、引き換え時間の15分前までに戻ってくる必要がありますので時間には注意してください。

ちょっと経験談

筆者は3度、朝4時半に場所取りをした事があります。いずれも阪神戦で開幕カードと夏休み時期でした。そのためか朝4時半前にも関わらず20人ほどの人が場所取り待ちをしていました。

実際に引き換える事ができたチケットは、指定席C 1回、指定席FC 2回でした。いずれも先頭から5〜20番目で手に入れる事ができ、指定席FCは最前列とバックネット裏という2階席の中ではかなりいい席でした。

早くから並んで指定席Cになったのは4連番だったからかもしれません。

1枚だけの引き換えだったら1階の席になる可能性もありそうです。筆者より前に並んでいた人のチケットを見ると指定席Aという人もいました。

また中日戦などあまり人出がない試合で指定席Sと引き換えられた。という話もあります。

実際に引き換えたチケット。右側の半券には「ご招待」と記載されている。

豆知識 実は朝4時半になって一番最初に敷地内に入れる場所があります。その場所で待たないと先頭を取ることは確実に無理です。そこはどこか、何度か場所取りして特定してみてください!


前売りが売り切れてたけど大丈夫?

大丈夫です!!安心してください。

招待券用に座席が一定数確保してありますので、前売りが完売だったとしても引き換えはできます。

まとめ

  • チケットの引き換えは先着順。先頭から順に良い席が振り分けられる。
  • 窓口では一塁側と三塁側どちらかの希望だけを伝える。
  • 指定席B、Cなど他の指定席が売れ残っている場合、それらのチケットと引き換えできる可能性がある。
  • 引き換え開始時刻に並び始めても指定席Dに座れる可能性は十分にある。
  • 一塁側にこだわる場合や優勝間近などいつも以上の人出が予想される場合は、早めに並ぶ方か場所取りをすると良い。
  • 場所取りをした場合、引き換え開始の15分前までに列に戻らなくてはいけない。
  • 指定席Dの引き換えが終わっても立ち見席に引き換えることができる。

ご不明点はコメントまで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。